住宅・教育

【個人のお客様向け】

住宅についてお金の
失敗例
「信頼して相談できる人を探そう」
①無理な繰り上げ返済のしすぎで・・・
 
住宅ローンのことでよく耳にする「繰り上げ返済」は、まとまったお金を先に払うことで利息の負担を減らし、繰り上げ返済後の毎月返済額を軽くしたり、返済期間を短くできるメリットがあります。無理な繰り上げ返済をすると日頃の家計を圧迫することにもあるので注意が必要。

「繰り上げ返済をしすぎて貯金がなくなってしまい、生活費を補うために金利の高いカードローンを借りたという話も聞いたことがあります。繰り上げ返済をするときは、少し先までの家計プランを作成してから計画的に行うようにしましょう。」
毎月の返済額   
 
②金利選びでの失敗
 
住宅ローンの金利選びは多くの人が頭を悩ますポイントの1つ!「固定金利と変動金利、どちらがお得なのかは借りる時点で答えは出ません。ただ、返済に余裕がないからと、金利の低い変動金利でめいっぱい借りるのはお勧めできません。もし金利が上がると返済負担が増えてしまうので、生活が苦しくなることも・・・。固定金利は変動より金利が高く設定されていますが、住宅ローンは変わらないため、将来設計はしやすいです。

どちらが正解で間違いではないので、あなたにあうローンの組み方を相談できる人を探しておきましょう。
金利の種類   
 
③定年後も返済で生活費が・・・
 
一般的には住宅ローンの返済期間は最長で35年まで組めるケースが多いです。返済期間を長くすれば月々の返済額が軽くなるので、目先の毎月の返済額で35年返済で借りる方も少なくないと思います。それが、将来的に失敗に繋がるケースも・・・。最長35年でローン組み定年後にローンの返済が続く予定の方も多くいます。皆さん口を揃えて繰り上げ返済するから大丈夫とおっしゃいます。繰り上げ返済などで完済するプランを事前に家計プランを設計しておくことが肝心です。そして、もしプランが予定通りにいかなかったときのために退職時のローン残高も確認してください。もしものときでも退職金などでその残高を完済し、そのうえで老後の生活資金を確保できるように将来の設計をすることが大切です。
無理のない返済期間   
 
④夫婦でローン組んだ後に転職や妻が産休。返済が苦しくなることも・・・
 
近頃は共働きの世帯が増えていることもあり、夫婦2人分の収入があれば住宅ローンの返済がラクになるだけでなく、借入額も増やして住宅などをグレードアップすることも可能になります。
ローンの組み方によっては夫婦2人で1つのローンを借りるので、それぞれの負担分に応じて住宅ローン控除も夫婦で受けられるメリットもあります。
ただ、夫婦でローンを借りた場合の最大のリスクは、途中で妻が育児などを理由に退職したり、時短勤務になったりすることがあります。今まであった妻の収入がなくなったり減ったりすれば、毎月の返済が苦しくなる可能性ことも・・・。途中で事情が変わることも少なくないので、しっかり信頼できる人に将来のお金の予測を相談して、計画することが大事になります。
住宅資金について   
 
子どもの教育資金って
いくらぐらい掛かるの?
人生の三大資金の1つの教育資金。
子どもの教育費について漠然と心配されている方が多いです。
不安になる気持ちは分かりますが、まずは次のSTEPをチェックしましょう!!
【STEP1】
☑教育費がどのくらい掛かるのか知る
あなたに当てはめて教育費がどの時期にどのくらい掛かるか知りましょう。
【STEP2】
☑どれくらいの期間で貯めるか決める
家を建てるときには設計図を作ります。人生においてもお金の設計図は必要です。
設計図を作ることでいつまでに、いくら必要かハッキリします。
【STEP3】
☑教育資金を貯めるための方法を選ぶ
貯蓄や保険、国債など金融商品の種類も様々、それぞれメリット、デメリットがあります。特徴を知り、あなたに合った貯め方をご相談してみてください。
クレバーサテライト