長野の相談・クレバー保険企画株式会社

のお客様の声

安心して老後を迎えられるようにサポートいたします

誰もが健康で長生きできれば良いのですが、誰かの手を借りずに自力で日常生活を送れる健康年齢には限りがあるため、元気なうちに老後の対策を考えておくことが大切です。今後、日本では少子高齢化が急速に進むと言われていますので、それに伴って認知症にかかるリスクは誰もが持ち合わせています。

認知症を患ってしまうと、財産管理や正確な判断ができなくなってしまいますので、早めに今後の対策を考えておくことにより、お客様の大切な資産を守るお手伝いをします。

遺されたご家族がもめないような対策をご提案しています

「自分はそれほどの資産を持っていないので相続対策はしなくても問題ないだろう」「家族や親戚はみんな仲が良いので、相続でもめることはないだろう」と相続を軽く考えている方もいらっしゃいますが、お客様が思っている以上にトラブルに発展しやすいため、できるだけ早めに対策を考えることをご提案しています。相続するほどの財産がないと思われている方でも、よくよく資産を計算してみたら相続税が発生する可能性がございます。お客様に万が一のことが起こってからだと、遺されたご家族が相続対応で大変な思いをしますので、今のうちに正確な財産を把握して、適した対策をとることが大切です。

また、相続によるトラブルは仲の良い家族や親戚の間でも起こります。ご自分のご家族や親戚が遺産でもめるのは避けたいところですので、ご家族や親戚が納得いく相続プランや対策をご提案いたします。

事業継承がスムーズに進められるようにお手伝いいたします

「自分の代で会社を終わりにしたくはない」「可能であれば自分の子供に会社を引き継いでほしい」など、経営者ならではの悩みや不安にお応えしています。事業継承とは会社の経営を後継者に引き継ぐことを意味しますが、次期経営者がご自身のお子様や社員だったとしても、M&Aで親族や社員以外への継承を検討されている場合でも、教育などに時間がかかることから数年から10年程度の時間が必要です。そのため、ある程度時間に余裕をもって対策をとっておかないと、スムーズに引き継ぎができなくなってしまうため注意が必要です。

また、早い段階から節税対策を行っておかないと、現在の経営者様に万が一の事態が起こったときに多額の贈与税や相続税が課せられる可能性がございます。そのときに困るのは遺された家族や社員であるため、事業継承と併せて税金対策も考慮する必要があります。保険や税金など様々な面から適した対策をご紹介します。

経営者に起こり得るリスクへの備えをご提案いたします

経営者に万が一のことが起こったときの備えをご提案し、安定した会社経営をお手伝いしています。中小企業を中心に、経営者自らが率先して業務を行っているようなケースでは、経営者に不測の事態が起こったときに会社の経営が回らなくなるリスクが高くなってしまいます。考えたくはないですが、不慮の事故や突然の病気で経営者様が適切な経営判断ができなくなってしまったとき、会社の経営に悪影響を与えないような対策を考えておく必要があります。万が一の備えといってもたくさんの選択肢がございますので、お客様の会社の経営状態に合わせたプランをご提案しています。

例えば、資金が不足しがちだったり、利益が安定しなかったりする場合は、経営者の万が一の事態に対応できる低コストの掛け捨て保険を、ある程度経営が安定しており借金がない場合は収入保障保険をご紹介するなど、お客様のご要望と経営状況に配慮した対策をご案内しています。