教育資金の貯め方について

query_builder 2023/07/01
コラム
21

お子さんがいるご家庭では、教育資金について考えることがあるでしょう。
中には「無理せず教育資金を貯めたいけど、貯金方法がわからない」という方もいるかと思います。
そこで今回は、教育資金の貯め方について解説します。
▼教育資金の貯め方
■定期預金や貯蓄口座
定期預金や貯蓄口座に定期的にお金を貯めていくことで、教育資金を貯められます。
定期預金は預けたお金に利息がつくため、定期的にお金を貯めるには効率的な方法です。
■学資保険
教育費用を貯めるための保険です。
保険料を納めることによって、お子さんが大学・専門学校などの教育機関に進学する際に必要な費用を貯められます。
■個人型確定拠出年金
個人型確定拠出年金は、自分自身の老後資金を貯めることを目的とした年金制度です。
教育資金としても利用可能ですが、60歳まで引き出しができないので注意してください。
■教育ローン
教育ローンを利用すると、必要な教育資金を貸し付けてもらうこと可能です。
返済が不安な場合は、無理のない返済方法を検討することによって負担を減らせます。
■投資
株式や投資信託などに投資することで、将来の教育費用を貯められます。
ただし、投資にはリスクがあるため注意が必要です。
▼まとめ
教育資金の貯め方には以下の方法があります。
・定期預金や貯蓄口座
・学資保険
・個人型確定拠出年金
・教育ローン
・投資
1つの方法に限定する必要はなく、上記の方法を組み合わせることも可能です。
当社では、保険やお金に関するご相談を幅広く承っております。
教育資金の貯め方にお悩みの方は、気軽にご相談ください。

NEW

  • 長野県で相続対策をお考えの方、相談承ります。

    query_builder 2023/04/10
  • 自社株が分散するリスクについて

    query_builder 2024/07/03
  • 自社株を買取する目的とは?

    query_builder 2024/06/05
  • 自社株を集約する方法について

    query_builder 2024/05/03
  • 事業承継の注意点について

    query_builder 2024/04/01

CATEGORY

ARCHIVE