Column

災害に対する備えと対策についてご案内しています

事前にリスクを想定し適した対策がとれるようにお手伝いします

夏から秋にかけて日本に襲来する台風に対する備えについてご案内しています。マイホームや賃貸住宅に住まわれている方のほとんどが、火災保険に加入されていますので、「台風被害にあったとしても火災保険に加入しているので安心」と思われている方が多くいらっしゃいます。

しかし、台風による被害が大きい地域では、周辺の住宅も大きな被害を受ける可能性が高く、修理の依頼も殺到すると予測できますので、被害が大きいほど日常生活を取り戻すのにも時間がかかります。事前に台風情報を見極めて適した対策をとることが大切です。

  • 42

    事業承継の種類とメリット・デメリット

    2024/02/15
    経営者が後継者に事業を受け継ぐ「事業承継」により、会社が上手く機能しなくなるケースがあります。そんなことにならないように、適切な方法で事業承継する必要があります。今回の記事では事業承継の...
  • 41

    事業承継はなぜ時間がかかる?

    2024/02/01
    後継者に事業を引き継ぐ「事業承継」を行うには、5~10年ほどの時間がかかると言われています。しかし事業承継には、なぜ時間がかかるのでしょうか?この記事では、事業承継に時間がかかる理由について...

NEW

  • 長野県で相続対策をお考えの方、相談承ります。

    query_builder 2023/04/10
  • 事業承継の注意点について

    query_builder 2024/04/01
  • 事業承継を先送りするリスクとは?

    query_builder 2024/03/15
  • 事業承継の進め方とは?

    query_builder 2024/03/01
  • 事業承継の種類とメリット・デメリット

    query_builder 2024/02/15

CATEGORY

ARCHIVE

お客様の身近に発生するリスクに対して、十分な備えができるようにお役立ち情報を発信しています。地球温暖化の影響によって、この数年、規模の大きい台風が発生して日本が影響を受ける回数が増えており、今後も大型台風の襲来回数が多くなると言われています。近頃の住宅は耐久性にも優れており雨や風による影響を受けにくくなっていますが、猛烈な雨や風まで防げるとは限らないのです。火災保険に加入しておくと、台風被害にも対応いたしますが、事前にできる対策をとっておくことで被害を最小限に抑えられます。

台風が襲来する前には台風の情報が発信されていますが、その情報を的確に読み取ることで何の対策をとるべきかが分かるようになります。例えば、大雨の被害が予測されるとき、特に、氾濫するリスクが高い地域に住まわれている場合は、避難場所の確認をしたり、貴重品を高い位置に移動したりといった対応がとれます。