事業承継とは?

query_builder 2023/12/15
コラム
38

日本は超高齢化社会を迎え、2025年までに中小企業・小規模事業の経営者の約半数は、後継者が未定になると見込まれています。
よって事業を継続するには、事業承継をスムーズに行うことが必要になってきます。
今回の記事では、事業承継でリスクを抑える方法ついて解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。
▼事業承継とは
事業承継とは、企業の経営を後継者に引き継ぐことを言います。
事業承継には「親族内承継」「社内承継」「M&A」といった3種類の方法があります。
親族内承継は、経営者の親族へと事業を引き継ぐ方法です。
社内承継は従業員に事業を引き継ぎ、M&Aは第三者から後継者を選ぶ方法です。
▼事業承継のリスクを抑える方法
事業承継のリスクを抑えるには、次の方法が効果的です。
■早期に計画を立てる
事業承継を円滑に行うには、中長期の計画が必要です。
後継者の育成や資金調達など、事業承継が実施されるまでには5~10年ほどかかります。
■後継者育成サポートを受ける
行政機関による後継者育成サポートを受けることも可能です。
「事業引継ぎ相談窓口」に相談することもできますし、企業と後継者とのマッチングも可能です。
▼まとめ
企業の経営を後継者に引き継ぐことを事業承継と言います。
事業承継には「親族内承継」「社内承継」「M&A」といった3種類があります。
事業承継のリスクを抑えるには「早期に計画を立てる」「後継者育成サポートを受ける」といったことが大切です。
『クレバー保険企画株式会社』は、長野県岡谷市にて事業承継のご相談を承っております。
「事業承継を円滑に行いたい」という方は、お気軽にお問い合わせください。

NEW

  • 長野県で相続対策をお考えの方、相談承ります。

    query_builder 2023/04/10
  • 事業承継の進め方とは?

    query_builder 2024/03/01
  • 事業承継の種類とメリット・デメリット

    query_builder 2024/02/15
  • 事業承継はなぜ時間がかかる?

    query_builder 2024/02/01
  • 事業承継と事業譲渡の違いは?

    query_builder 2024/01/15

CATEGORY

ARCHIVE