事業承継はなぜ時間がかかる?

query_builder 2024/02/01
コラム
41

後継者に事業を引き継ぐ「事業承継」を行うには、5~10年ほどの時間がかかると言われています。
しかし事業承継には、なぜ時間がかかるのでしょうか?
この記事では、事業承継に時間がかかる理由について解説していきます。
▼事業承継に時間がかかる理由
事業承継に時間がかかるのは、次のような理由があるからです。
■後継者の教育が必要
後継者の教育を行うには、ある程度の時間がかかります。
事業に関わる勉強をするために資格を取得させたり、同業他社での勤務を経験させたりする必要があるからです。
後継者を教育するには、少なくとも数年はかかるでしょう。
■社内体制の整備が必要
新しい後継者に交代しても事業が円滑に進むよう、社内体制の整備をする必要もあります。
債務を残したまま引き継がせたくない場合は、財政の立て直しも行う必要があるでしょう。
▼事業承継を始めるタイミングは?
「60代で第一線を退きたい」と考えている経営者が多いようです。
そこで、50代から事業承継の準備を始める必要があるでしょう。
早めに事業承継の準備をしておかないと、経営者に万が一が起きた場合に株式の相続争いが発生し、会社が機能不全に陥るリスクが大きくなります。
事業承継は早めに考えておくことをおすすめします。
▼まとめ
事業承継に時間がかかるのは「後継者の教育が必要」「社内体制の整備が必要」といった理由があるからです。
60代での事業承継をお考えの方は、50代から準備しておくと良いでしょう。
事業承継に関するお悩みがある方は、長野県岡谷市の『クレバー保険企画株式会社』までお気軽にご相談ください。

NEW

  • 長野県で相続対策をお考えの方、相談承ります。

    query_builder 2023/04/10
  • 事業承継の進め方とは?

    query_builder 2024/03/01
  • 事業承継の種類とメリット・デメリット

    query_builder 2024/02/15
  • 事業承継はなぜ時間がかかる?

    query_builder 2024/02/01
  • 事業承継と事業譲渡の違いは?

    query_builder 2024/01/15

CATEGORY

ARCHIVE