事業承継の種類とメリット・デメリット

query_builder 2024/02/15
コラム
42

経営者が後継者に事業を受け継ぐ「事業承継」により、会社が上手く機能しなくなるケースがあります。
そんなことにならないように、適切な方法で事業承継する必要があります。
今回の記事では事業承継の種類と、そのメリット・デメリットについて解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。
▼事業承継の種類とメリット・デメリット
事業承継には次のような3種類があります。
メリット・デメリットについても確認してみてください。
・親族内事業承継
・社内事業承継
・M&A
■親族内事業承継
親族へ事業を引き継ぐことを言います。
従業員・取引先から後継者が受け入れられやすく、相続などを行う場合も他の承継方法より税法上で有利になる可能性があります。
ただし、後継者候補が必ず事業を受け継いでくれるわけではありません。
また後継者への教育も必要になるため、事業継承が実際に行われるまでに時間がかかることがデメリットです。
■社内事業承継
社内の従業員に事業を引き継ぐ方法です。
従業員からの賛同が得やすく、実務上の引継ぎが楽なメリットがあります。
ただし後継者に辞退される可能性があり、選ばれなかった従業員に離職される恐れもあります。
役員・従業員が株式を買い取る場合は、資金不足になる可能性もあるでしょう。
■M&A
第三者に事業を引き継ぐ方法です。
現経営者は株式の売却益を得られ、引退後の生活にゆとりが出るかも知れません。
廃業せずに事業を後世に残せるメリットもあるでしょう。
ただし希望額で売却できなかったり、交渉が決裂したりする恐れもあります。
▼まとめ
事業承継には「親族内事業承継」「社内事業承継」「M&A」といった3種類があります。
それぞれのメリット・デメリットを考慮しながら、適切な事業承継の方法をとる必要があるでしょう。
事業承継でお悩みの場合は、長野県岡谷市『クレバー保険企画株式会社』までお気軽にご相談ください。

NEW

  • 長野県で相続対策をお考えの方、相談承ります。

    query_builder 2023/04/10
  • 事業承継の注意点について

    query_builder 2024/04/01
  • 事業承継を先送りするリスクとは?

    query_builder 2024/03/15
  • 事業承継の進め方とは?

    query_builder 2024/03/01
  • 事業承継の種類とメリット・デメリット

    query_builder 2024/02/15

CATEGORY

ARCHIVE