事業承継の進め方とは?

query_builder 2024/03/01
コラム
43

日本では事業承継問題に本格的に乗り出しており、近年では事業承継の認知度も高まってきています。
しかし、事業承継の方法や支援などの具体的な内容までは浸透していないと言えます。
今回の記事では、事業承継の進め方についてご紹介します。
▼事業承継の進め方
事業承継するには、いくつかのステップを踏む必要があります。
また、事業承継の方法によって必要な手順が異なるので、しっかりと把握しておきましょう。
■事業承継の必要性を認識する
実際に事業承継を行うまでには、後継者の育成や経営改善など長期的な準備が必要です。
そのため、事業承継をしたい年の5〜10年前から計画的に進めておくとスムーズに事業承継ができます。
■経営状況を見える化する
経営状況や課題を明確にすることは、事業承継を行う上で非常に大切です。
将来性や経営体質を見える化すれば、銀行からの信用を得られるだけでなく、後継者が安心感を持って事業承継を行うことができます。
■事業承継に向けて経営改善を行う
課題を見える化した後は、ひとつひとつの課題を改善して磨き上げを行います。
経営改善を行い企業価値を上げておくことで、社外へ事業承継する場合に好条件で交渉できる可能性が高まります。
■事業承継計画を立てる
事業承継には親族内承継・親族外承継・第三者承継の3つの方法があります。
親族内承継・親族外承継の場合は承継に時間がかかるため、少なくても10年後を見据えた事業承継計画を立てることが求められます。
■事業承継を行う
後継者や社外の売却先に事業を譲る際は、資産や権限などを移行します。
事業承継が終わっても、必要があれば適宜サポートを行います。
▼まとめ
事業承継は後継者の育成など、準備に長期間を要します。
そのため、事業承継を検討する場合は5〜10年前から準備をしておくと、いざという時に円滑に進められるでしょう。
どのように進めたら良いか迷っているという方は、長野の『クレバー保険企画株式会社』にご相談ください。
事業承継に伴う経営の見える化・経営改善などについて、適切にアドバイスいたします。

NEW

  • 長野県で相続対策をお考えの方、相談承ります。

    query_builder 2023/04/10
  • 事業承継の注意点について

    query_builder 2024/04/01
  • 事業承継を先送りするリスクとは?

    query_builder 2024/03/15
  • 事業承継の進め方とは?

    query_builder 2024/03/01
  • 事業承継の種類とメリット・デメリット

    query_builder 2024/02/15

CATEGORY

ARCHIVE