事業承継の注意点について

query_builder 2024/04/01
コラム
45

事業承継には3つの方法があり、それぞれにメリット・デメリットがあります。
経営者が変わっても企業が存続するために、事業承継は適切に行うことが重要です。
そこで今回の記事では、事業承継の注意点について分かりやすく解説します。
▼事業承継の注意点
■後継者への金銭的負担
事業承継には「親族内承継・親族外承継・第三者承継」の3種類があり、それぞれ異なる形で後継者に負担が発生します。
親族内承継の場合は、後継者に株式を譲渡することで相続税や贈与税の支払い義務が発生します。
社内の人材やM&Aなど親族以外の人に事業承継する場合は、後継者が株式を買い取るための資金を用意する必要があります。
事業承継はどの方法を選んでも、後継者に金銭的な負担が生じるため注意が必要です。
■税金の発生
株式譲渡を行うと、現在の経営者に対して税金の支払いが生じます。
親族外承継・第三者承継の場合は、譲渡する金額から会社の資本金や株式発行手数料を差し引いた譲渡所得に対して税金が発生します。
そのため、親族以外に承継する場合は事前に発生する税金を把握しておくことが大切です。
■後継者選び
後継者に事業を引き継いだ後も、会社の業績が安定することは重要なポイントになります。
そこで、経営者としてふさわしい人材を後継者候補として育成することが、事業承継を成功させるコツと言えます。
▼まとめ
事業承継は出来るだけ早い段階から準備することで、後継者の育成などに時間をかけることができます。
しかし事業承継には注意点もあるため、しっかり把握した上で検討するようにしましょう。
『クレバー保険企画株式会社』では事業承継のご相談も承りますので、気になる方はぜひお問い合わせください。

NEW

  • 長野県で相続対策をお考えの方、相談承ります。

    query_builder 2023/04/10
  • 自社株を集約する方法について

    query_builder 2024/05/03
  • 事業承継の注意点について

    query_builder 2024/04/01
  • 事業承継を先送りするリスクとは?

    query_builder 2024/03/15
  • 事業承継の進め方とは?

    query_builder 2024/03/01

CATEGORY

ARCHIVE